その副作用を事前把握

blister packs

男性の場合はトリコモナスに感染しても自覚症状が少ないため検査が非常に重要。尿道の痒みや射精時に痛みを感じる場合はトリコモナスの感染を疑っても良いかもしれません。

アフターピルを服用することによって副作用で乳房のハリやめまい、腹痛を一時的に引き起こすこともあるので注意しましょう。

女性にとって避妊トラブルは誰もが起こりうる問題です。信頼できるパートナーが相手であっても、避妊具の破損など確実で安定した避妊というのは100パーセントではありません。そういった不測の事態にイザという時頼れるのがアフターピルです。アフターピルは即効性のある避妊薬で、性行為後に服用する事で妊娠をブロックする作用を発揮します。普段から低用量ピルの常服を行っている女性ならばアフターピルを飲む必要性はありませんが、低用量ピルを利用していない女性ならお守りとしてアフターピルを一つは常備しておくと良いと思います。100パーセンとの避妊を保証してくれるものでは無いのですが、望まないタイミングの妊娠を避ける緊急回避手段として持ち歩いておく事を推奨しておきます。その際に注意しておくのが副作用についてです。低用量ピルと違い、含有されているホルモン量の多いアフターピルは、女性によっては副作用が強く現れる事があるので気をつけておきましょう。吐き気や嘔吐、頭痛や乳房の張りなど、低用量ピルより比較的顕著な副作用が現れるケースがあります。血栓症のリスクもありますので、アフターピル利用に当たっては必ず専門医師による診断を経てから服用するようにしておきましょう。すべての女性に重篤な副作用が現れるわけではありませんが、事前把握しておく事で健康被害のリスクは最小限に抑える事が可能です。お守りとして持っておきたいアフターピルを安全に備えておくためにも、出来る限り副作用について様々な情報を知っておく事が大切なのです。

貴方の性生活をお助けします。ED治療薬の処方を行っているこちらのクリニックをお勧めします。是非利用しましょう。

嘔吐による体外排出

pouring medication from the vial

やや強めな副作用が発生する事もあるアフターピル服用ですが、特に嘔吐をしてしまわないように注意が必要です。場合によっては制吐薬や酔い止めの併用も方法ですので覚えておきましょう。

行為の後にすぐ服用

functional tablets

正しい用法・用量を守ったアフターピル服用を心がけておきましょう。特に性行為後から早ければ早い程、アフターピルは避妊効果を高く発揮する事につながっていくという事を覚えておきましょうね。

2つの避妊薬がある

pills on hand

現在主流となっているアフターピルには2種類のタイプが存在しています。安価で副作用のやや強いプラノバールと、高価だけど副作用の低いノルレボの2種類です。それぞれの違いを把握しておきましょう。

Copyright © 2016 副作用をきちんと把握・もしもの時は緊急手段としてアフターピル避妊. All Rights Reserved | Design by W3layouts